2019/12/19

第18回全日本視覚障害者ボウリング選手権大会 総集編ビデオ完成

私どもトミッシュジャパンが社会貢献活動CSSで支援している視覚障害者ボウリング。全国で展開している加盟企業対抗の全卸連CSSカップでも応援し、11月に開催した新規プロトーナメント、全卸連プレゼンツ「JPBA☆SSSカップ2019」でも支援を始めた「全日本視覚障害者ボウリング選手権大会」の総集編ビデオが完成し公開されました。私も支援と共に実況、ナレーションで参加いたしました。ぜひご覧いただいて、視覚障害者ボウリングにご理解、応援をお願いいたします。

第18回全日本視覚障害者ボウリング選手権大会総集編ビデオ

扇一平

 

 

 

2019/12/13

全卸連プレゼンツ「JPBA☆SSSカップ2019」開催・テレビ放送

ボウリングを通しての社会貢献CSSと歩調を合わすプロボウリングトーナメント最新の公式戦、全卸連プレゼンツ「JPBA ☆SSSカップ2019」を企画運営し、11月21日東京ポートボウルでの二日間の日程を終え無事に終了しました。

女子は寺下智香プロが終始トップ、決勝でも大根谷愛プロを圧倒して初代クイーンに!

男子は斉藤三兄弟の長男祐哉プロが、準決勝まで250近いアベレージで常にトップだった次男の琢哉プロを破り、プロボウリングトーナメント初のレーン上の兄弟対決を制し優勝を飾りました。

ホストプロの矢島純一さん、シニアの鏡になる素晴らしいプレーでした。また、ホストアマのブラザーコーン、本当にありがとうございました!

お二人とも私の実況するスカイAの放送席に来てくれて番組を盛り上げて下さいました。

(矢島プロはこの写真の時は試合中でした。この時の解説は半井清プロです)

スカイAの放送は「パーフェクトボウリングスペシャル」と題して12月13日20時~22時・再放送は12月29日19時~21時です。

 

大会の公式テーマソング「逆襲プレリュード」を歌うアイナカンナのライブにもプロボウラー、観客の皆さんが声援を送ってくださりとても嬉しかったです。

 

このトーナメントは全卸連会員のユニ・チャーム様、白十字様、サンスター様、コーセーコスメポート様を始め54社という多くの企業のご協賛を得て開催することができました。

参加したプロやシニアアマ、そしてお客様から「こんなトーナメントは初めて!」という言葉を沢山いただき、皆さんが大会の企画意図を本当に感じてくれたのだと心から嬉しく思いました。SSSカップとは「シニアスポーツサポート」…シニアの元気を応援するというスローガンのもと、各ボウリング場の予選会を勝ち抜いた60歳以上のシニア選手も出場。プロの準々決勝の時にそのシニア選手と組んだダブルス戦をトーナメントとして初めて組み入れました。

さらにご協賛社のプレゼントブースもプロトーナメントとして初めて展開。

参加したプロもシニアも、お客様も両手に抱えきれないほどの商品をゲットしてとてもニコニコしていました。このいわゆるギャラリープラザも、プロトーナメントとしては初めて行いスポンサー企業とプロボウラ―、シニア選手、お客様とが触れ合うことを目的とし、ご協賛企業の皆様にもトーナメントに参加しているという気持ちをより感じていただきたかったのです。

 

関係の皆様にはお礼を言っても言い尽くせません。
大会成立に一緒になって頑張ってくれた全卸連森友会長

ご協賛いただいた大会名誉会長ユニ・チャーム高原社長

スペシャルアドバイザーをお願いしたゴルフトーナメントプロデューサー戸張捷さんを挟んでユニ・チャーム森副社長(右)、白十字天田社長(左)

そしてスタッフ全員にスペシャルウインドブレーカーを協賛いただいたキャプテンサンタのジョイマークデザイン下山社長、キャプテンサンタとコラボした素晴らしいボウリングバッグをご提供いただいたアメリカンボウリングサービス様、コーセーコスメポート小林社長をはじめ50社以上のご協賛社の皆様、予選会6会場の皆様、本会場の東京ポートボウル様、日本プロボウリング協会の皆様、解説の谷口会長、半井清プロ、スカイAの皆様、企画意図を上手く表現してくれたレポーターの中願寺香織さん、日本ボウリング機構の皆様、その他関わってくださったすべての皆様、心より感謝いたします。

なおボウリングジャーナル12月号にとても嬉しい記事が掲載されました。

 

2019/09/29

全卸連プレゼンツJPBA☆SSSカップ2019 予選会最終日

SSSカップもいよいよ予選最終日。今日は、世田谷オークラボウル、品川プリンスホテルBC、蒲田IMONボウルで行われ

駆け足で3会場に立ち会ってきました。どの会場も高いスコアの争い。決勝を放映してくれるスカイA の事前取材も入り、盛り上がってきました。

いずれにしても、決勝にはすごい選手が集まりそうで、ますます楽しみになりました。

みなさまもお時間があればぜひ11月20日(水)・21日(木)の決勝へ足をお運びください。(齊藤)

2019/09/22

全卸連チャリティーボウリング第3回CSSカップ北海道地区予選から最終予選まで

トミッシュジャパンが企画運営するボウリングを通しての社会貢献活動、全卸連チャリティーボウリングCSSカップも3年目。9月20日(金)には地区予選第2戦目の北海道大会が札幌オリンピアボウルで開催されました。
相変わらずこの地区は株式会社あらたの独壇場!
今回もトップ3をあらたが独占。特にあらたAの女性選手、魚住美恵子さんは最後のゲームでスクラッチ209ピンをマーク、大逆転でチーム優勝を飾りました。
上位3チームは来年3月の全国大会への出場権を獲得。

4位には全卸連主催のプロトーナメントSSS カップの特別協賛社ユニ・チャーム。圧巻だったのがこのユニ・チャームの栗原選手。最後のゲームにハウスボールながら、ダブルとフォースを出して追い上げたのですが10フレームにミスをしてしまい199に終わり、ハウスボールでの200アップと3位入賞を逸してしまいました。
それにしても年々各地区の出場者たちは確実にレベルアップしています。
そんな各社のボウリングに対する情熱が、11月の全卸連プレゼンツ「JPBA ☆SSS カップ」の開催に繋がったのだと強く感じました。

お手伝いしてくださいました川浪隆弘プロ、永井将人プロ、本当にありがとうございました。

それ以降のCSSカップ各地区予選はCSSカップのページをご覧ください。

2019/09/09

全卸連プレゼンツJPBA☆SSSカップ予選

全卸連プレゼンツJPBASSSカップ予選、7日の平和島に続き2日目の笹塚ボウルに立ち会ってきました。

出場者は60歳から82歳のシニアのみなさん。練習ボウルをみただけでただ者ではない方たちばかり。

ゲームが始まると、あちこちで快音が。第一フレームから6連続ストライクの女子選手にくぎ付けになってしまいました(結果はなんと233)。

井口プロにこのことを伝えると、「こちらには250オーバーの方がいますよ」とのこと。1ゲームが終わったばかりでこんな状況なんですから、

決勝にはどんな方々が上がってくるんだろうと、ますます楽しみになりました。(齊藤)

 

2 / 2312345...1020...最後 »

Copyright © 2021 株式会社トミッシュジャパン All Rights Reserved.