2017/10/27

全卸連チャリティーボウリング北海道地区大会

10月26日、トミッシュジャパンが企画運営する「全卸連チャリティーボウリング全国大会 第1回CSSカップ 北海道地区予選」が札幌オリンピアボウルで開催されました。

札幌7小

東京で3月に行われる全国大会に向けて参加各社の選手たちは熱戦を展開。

札幌3

 

札幌5小

 

札幌4小
今回も公益社団法人日本プロボウリング協会の大協力をいただき、ベテラン山口健治プロ、本間由佳梨プロ、田代小夏プロの参加を仰ぎ素晴らしい大会になりました。

写真札幌1

 

人気女子プロボウラーのキム・スルギプロも顔を出してくれました。

札幌8

 

入賞されて全国大会の切符を掴んだ皆様、おめでとうございました!

 

札幌2小

 

扇一平

2017/10/20

全卸連チャリティーボウリング CSSカップスタート!

10月19日、高田馬場のシチズンボウルで「全卸連 チャリティーボウリング全国大会 第1回CSSカップ」の皮切りとして、地区予選・首都圏A大会が52社、104名の参加者を迎えて開催されました。

 

 DSC_0401
 

私どもトミッシュジャパンが企画した「ボウリングを通して子供に笑顔を!」という「CHILD‘S SMILE SUPPORT 」略して「CSS」を、全卸連(全国化粧品日用品卸連合会)が社会貢献活動としてスタートすることになったのです。

そしてこの活動を始めるにあたって全卸連・森友会長は、まず会員企業の団結と親睦を兼ねて、さらにボウリングの面白さ、素晴らしさを知ってもらいたいという願いから、第1回CSSカップ開催が決定しました。

子どもの貧困が叫ばれる中、とくにシングルマザー家庭や、養護施設の子供たちをボウリングに招待し、笑顔になってもらうこと、さらに私が関わる「全日本視覚障害者ボウリング協会」にも、目の不自由な方がボウリングをするための手すり「ガイドレール」を寄贈していきたいと考えています。「CSS」とは「チャイルド」のCに「視覚・障害者」のS・Sをプラスした意味も込められているのです。

この活動は公益社団法人日本ボウリング場協会様、そして公益社団法人日本プロボウリング協会様にもご協力をいただいており、さらにその輪を広げていきたいと思っています。

CSSカップは、これから北海道、東北、中部、近畿、九州、そして首都圏Bと地区予選が繰り広げられ、のべ300社以上の企業が参加します。そして来年3月には東京で全国大会を開催します。私扇一平はすべての大会の競技運営と司会進行を致します。

DSC_0399

DSC_0398

DSC_0400

 

また日本ボウリング場協会様にはボウリング場の手配、連絡。プロボウリング協会様からは各大会へのプロボウラーの無償出場という多大なご協力をいただきました。心から感謝しています。

今回の予選第1戦、首都圏A大会にも、ベテラン宮内圭次郎プロ、矢野朋代プロ、高和美プロが参加、試合中のお助け投球や、レッスン、アドバイスなどで走り回ってくださいました。本当にありがとうございます!

DSC_0406
(左から高プロ、宮内プロ、森友徳兵衛会長、矢野プロ)

長くなりましたが、この活動は、ボウリングが誰もが参加できる最高の生涯スポーツ、ファミリースポーツだからこそ、もっともっと多くの方に楽しんでもらいたいと、ボウリングを愛する人間が企画したものです。夢は会員ボウラー、一般ボウラー、体の不自由なボウラー、新しいボウラーすべてのボウラーが楽しく並んでボウリングをする姿です。

シチズンボウルさんにはすでに私を載せていただいた視覚障害者ボウリングのポスターが入り口に掲示されていました。

DSC_0402

 

全国のボウリング場の皆様、そして理解してくださる皆様、このCSSはスタートラインにようやく着いた状態です。本格的に動き始めた暁には、どうぞご協力を心からお願いいたします。

扇一平

2017/10/09

第16回全日本視覚障害者ボウリング選手権大会

10月7日・8日に高田馬場シチズンボウルで開催された第16回全日本視覚障害者ボウリング選手権大会の実況中継アナウンスが終了しました。

DSC_0379

視力によって3つのクラスに分かれての大会。全く視力のない選手が体の向きを定めしっかりとした投法で200アップを出す姿など心から感動した2日間でした。
選手のみなさん本当にありがとう❗️そして関係者のみなさんお疲れ様でした。

DSC_0376

写真

世界選手権で金メダルを獲得し、今大会でも個人戦優勝を飾った高木綾子選手の「しっかりとした投げ方をしてピンが倒れるいい音を聞きたいために一生懸命練習をしています」という言葉がとても心に残り、ラジオ出身の人間として改めて「音」の大切さを考えることができました。
閉会後、全力でこの活動を続けている一般社団法人全日本視覚障害者ボウリング協会の青松利明会長と記念撮影。
青松会長は盲学校の先生もしていらっしゃいます。

会長2小

この記事をお読みの皆様、視覚障害者ボウリングにぜひご理解と応援をお願いいたします。
Youtubeの中継動画もご覧いただければと思います。
最終日
初日

Copyright © 2017 株式会社トミッシュジャパン All Rights Reserved.